enjoy Development

ソフトウェア開発プラットフォーム SOLID

SOLID-IDE
IDE に統合された専用デバッガで、
通常のソースデバッグやSOLID専用のデバッグ機能が使えます。
デバッグ接続は、PARTNER-Jet2 が使える他、ユーザーシステムに
カスタマイズしたオンラインモニタも利用可能になっています。

アドレスサニタイザ

アドレスサニタイザは、LLVM/Clang コンパイラのデバッグ・テスト支援機能の一つで、メモリ破壊や リークなどを実行時に検出する動的解析機能です。使い方は簡単。アドレスサニタイザモードでビルドし て実行するだけです。自分で考えてブレークポイントを設定するなど必要ありません。SOLID-IDE と SOLID-OS が連携して、間違ったメモリアクセスを自動的にあぶり出してくれます。
アドレスサニタイザ

動画で詳しくみる

デバッグシステム

JTAGデバッガとモニタデバッガ、2つのデバッグモードをサポートします。
JTAGデバッグモードでは、PARTNER-Jet2を利用できます。デバッガのユーザインターフェースとしては、既存のデバッガだけれなく、Visual StudioベースのSOLID-IDEでも利用可能です。
モニタデバッガはユーザー資源であるUSB通信を推奨I/Fとし、Visual StudioベースのSOLID-IDEから操作します。基本デバッグ機能(H/WブレークやS/Wブレーク)や、デバッグ割り込み以外の割り込みハンドラもデバッグ可能です。ユーザーシステム構成に応じたモニタデバッガのカスタマイズサービスも提供可能です。

パフォーマンスアナライザー

QprobeアナライザーをSOLIDに組み込んで使いやすい形で提供します。解析用のフックルーチンを予めSOLID-OSに組み込んであるので、ユーザーはビルドモードを選ぶだけで容易にアナライザー機能を使う事ができます。

※本サイトに掲載されている製品の価格および仕様は、製造・販売会社が何ら債務を被ることなく、
予告なしに変更されることがあります。商品名、会社名等は一般に各社の商標または登録商標です。