KMC 京都マイクロコンピュータ| ARM、SH、Intel対応JTAGエミュレータ PARTNER-Jet2 The Debugging Evolution

ニュースリリース

京都マイクロコンピュータ株式会社ニュースリリース

2017年 4月18日

京都マイクロコンピュータ株式会社


開発プラットフォーム 新製品SOLID、
スターターキット 2 種類とともに 2017 年 6 月より発売

~プログラムの問題を自動検出,RTOS とコンパイラを一体化した革新的開発プラットフォーム~



京都マイクロコンピュータ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:山本彰一)は、革新的ソフトウェア開発プラットフォーム SOLID および、組込みソフトウェア開発がすぐに始められる 2 種類のSOLID Starter Kit のご提供準備が整い、2017年6月より販売を開始することを発表いたしました。 本製品は5月10日~5月12日に東京ビッグサイトで開催される「第20回 組込みシステム開発技術展」の京都マイクロコンピュータ ブース(西5-1)において展示予定です。

1 SOLID とは

SOLID は、RTOS とコンパイラ・デバッガ・IDE の開発ツールを一体化した新しい組込み機器用ソフトウェア開発プラットフォームです。弊社はSOLID を通じて、開発者が本来のクリエイティブな業務に最大のパフォーマンスを発揮して「かしこく開発」し、また、不具合のモグラ叩きに翻弄されずに「スマートにデバッグ」する環境を提供することで、高品質なソフトウェア製品が計画通りにリリースできるよう支援することを目指しています。
SOLID のターゲットは組込み機器に幅広く採用されているARM® Cortex®-A ベースのチップです。 IDE にはMicrosoft® Visual Studio®を、ツールチェインにはGCC の他にLLVM/Clang コンパイラを、そしてRTOS にはオープンソースITRON のTOPPERS/ASP3 を採用しています。さらに、効率よく開発するためのMMU 対応ELF ローダーやTCP/IP プロトコルスタックもバンドルしています。

2 SOLID Starter Kit

SOLID 発売にあたっては、お手元に届いたその時から組込みソフトウェア開発をすぐに始められる2種類のSOLID Starter Kitも同時に発売いたします。SOLID Starter Kitには、

1) SOLID開発プラットフォーム
2) SOLID Starter Kit専用評価ボード
3) JTAGエミュレータ(PARTNER-Jet2 Model10)
4) 各評価ボード用のミドルウエア

がセットになっています。評価ボードのハードウェアに対応したブートローダー、BSPや各種ドライバがSOLID Starter Kitには含まれているので、ソフトウェア開発スタートのための下準備が不要です。SOLID Starter Kitは導入用のモデルではありますが、開発ツール機能に一切の制限はなく全ての機能が使えるため(*)、いかに簡単な操作だけでソフトウェア開発、デバッグ(静的・動的解析)できるかを体験いただけます。

       
SOLID Starter Kit for RZ/A1H RZ/A1H ボード AG903 ボード

SOLID Starter Kit としては、USB バスパワー給電でコンパクトな名刺サイズで、ルネサスエレクトロニクス社のRZ/A1H を搭載したボード(アルファプロジェクト社製)が付属する「SOLID Starter Kit for RZ/A1H」と、映像関連インタフェースが充実したアクセル社製ボードが付属する「SOLID Starter Kit for AG903」の 2 種類を用意しました。いずれもSOLID Starter Kit の単価は\50,000(税抜き)で、EC サイトからの販売も行う予定です。SOLID Starter Kit 向けの保守サービスとしては、弊社のWebサイトをご利用いただけます。
(*)SOLID Starter Kitに含まれるSOLIDおよびJTAGエミュレータの利用は、対象の評価ボードに限定しています。また利用期間は6カ月です。

3 SOLID の提供方式

標準版のSOLID 開発プラットフォームはユーザー数に応じたサブスクリプションライセンス契約販売です。1 ライセンス契約時 \200,000/年となっており、100 ライセンス契約時では1 ライセンスあたり \80,000/年(いずれも税抜き)となるなど、ライセンス数に応じたボリュームディスカウント価格をご用意しております。
IDE は弊社が独自に開発しているため、Visual Studio®の利用料(別途購入)は不要です。 また、RTOS を搭載した最終製品に対するロイヤリティは不要ですが、量産ユーザー様はTOPPERSプロジェクトへの報告が必要となります(https://www.toppers.jp/report.html)。

4 SOLID のめざすもの

開発のしやすさがエンジニアの開発の楽しさにつながり、SOLID は enjoy Development のコンセプトを実現できるようデザインしております。また、SOLID の提供を通して、組込みシステムにおけるITRON 仕様/TOPPERS の普及ならびに今後の技術開発にも貢献してまいります。ぜひ次世代の開発スタイルにご期待ください。

5 新製品に対するパートナー各社のコメント

ルネサス エレクトロニクス株式会社 第二ソリューション事業本部
ICT・ソリューション事業部 事業部長 富岡一郎氏

RZ/A シリーズはお客様の用途が広がるにつれ開発環境に対するニーズも多様化してきております。SOLID Starter Kit for RZ/A1H という新しいプラットフォームの登場により、これまで組込み開発から少し距離のあったエンジニアの方々にも、気軽にRTOS を使ったリアルタイム制御システムが開発できるようになる事を期待しております。

株式会社アクセル AG903 プロジェクトマネージャー 大高直樹氏

弊社の主力であるアミューズメント向け製品において長年にわたり連携してきた京都マイクロコンピュータと、この度、同社の新製品SOLID と弊社の産業機器向けSoC AG903 とで、協業することになりました。
京都マイクロコンピュータと弊社は、それぞれに「日本の組み込みシステム」に誇りを持って取り組んできましたが、その思いを一にする両社が今回、手を組みました。
JTAG エミュレータも付属で50,000 円という廉価な開発キットにより、ユーザ様にAG903 をご評価していただける機会と、その我々の思いが広まっていく事を期待しています。
これを機に、さらに両社の協力関係をさらに強くしていきたく思います。

TOPPERS 協会 会長 高田広章氏

SOLID で採用されたTOPPERS/ASP3 はITRON 仕様を発展させたTOPPERS 第三世代カーネルの基本となる実装で、ティックレスによる高分解能時間管理などを特徴としています。SOLID ではTOPPERS プロジェクトの基本方針であるロイヤリティフリーの考え方を継承しているだけでなく、導入用の廉価なStarter Kit もリリースするなど、TOPPERS の更なる普及に大きく貢献してくれることを期待しています。

京都マイクロコンピュータ株式会社 SOLID プロジェクト担当
株式会社KMG 代表取締役社長 辻 邦彦

昨年発表し紹介してきたSOLID を、いよいよ提供できるようになりました。発表以来、多くのお客様や関係の方々に様々な意見をいただき、僕たちの考えたSOLID をより良くできたと思っております。
SOLID は、ITRON など非Linux 環境下の、リアルタイム組込みシステムの開発環境をより良くする事を目指しています。この先進的な開発環境で、エンジニアの皆さんにenjoy Development を実現していただけるよう、さらにSOLID を進化させていきます。

以上

SOLID 製品情報

SOLID 製品情報
http://www.kmckk.co.jp/SOLID/
http://www.kmckk.co.jp/SOLID/Kit/

リリース情報
株式会社アクセル様
http://www.axell.co.jp/ir/pdf/AXELL_PR20170418.pdf
株式会社アルファプロジェクト様
http://www.apnet.co.jp/product/release/17041801.html

※本資料に掲載されている情報(製品仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。商品名、会社名等は一般に各社の商標または登録商標です。

SOLID の主な仕様

                                              
機能仕様
推奨ホストPC環境Microsoft® Visual Studio®の推奨環境に準ずる
対象プロセッサ32bit ARM® Cortex®-A プロセッサ
ツールチェインLLVM/Clang C/C++コンパイラ
GNU Cコンパイラ、GNU binutils
統合開発環境(IDE)

 エディタ
 メモリ管理機能
 ローダー
Microsoft® Visual Studio®ベース
Visual Studio®単体のインストール不要、利用料不要
Visual Studio®標準エディタ、IntelliSenseによる自動補完機能あり
MMUを利用した単一仮想アドレス空間へのプログラム配置機能
ELFファイルの情報を解析した、インテリジェントランタイムローダー
デバッガ

 静的解析機能
 動的解析機能
 性能解析機能
JTAGエミュレータ(KMC製PARTNER-Jet2、 オプション)、
モニタデバッガ(オプション)
LLVM/Clangコンパイラによるソースコード解析機能
アドレスサニタイザによるメモリ不当アクセス検出機能
トレース情報を解析した、プログラム集計機能、コンテキスト集計機能   
リアルタイムOS/BSP

 標準添付ミドルウエア

 パートナー製
 ミドルウエア、ドライバ
TOPPERS/ASP3カーネル、動的生成機能拡張パッケージ、
量産時のロイヤリティ不要
TCP/IP(IPv4, IPv6 両対応)
FATファイルシステム(FAT32対応)
USB、SDカードドライバ、組込用フォントなど、パートナー製ミドルウエアに順次対応 (量産ライセンス・ロイヤリティは各社の契約形態に従う)   

SOLID Starter Kit の主な仕様

SOLID開発ツールの機能制限は特になく、付属ボードやサンプルソフトウェアは以下のようになります。
                                                   
機能SOLID Starter Kit for RZ/A1HSOLID Starter Kit for AG903
搭載SoCRenesas RZ/A1H(R7S721000VCFP)
ARM® Cortex®-A9 NEON搭載 400MHz
AXELL AG903(AX51903)
ARM® Cortex®-A5 NEON搭載
400MHz
付属評価ボードAP-RZA-1A-KM、RAM10Mbyte(CPU内蔵のみ)、SPI-FLASH 4MByte、
5V USBバスパワー給電
アルファプロジェクト社製(アルファプロジェクト社製各種オプションボード利用可能)
DB51903PF、 RAM64MByte(CPU内蔵のみ)、 SPI-FLASH 16MByte、
12V ACアダプタ給電
AXELL社製
評価用実装済みドライバ、ミドルウエア(一部バイナリ提供)タイマ、 シリアルコンソール、 SD、SPIフラッシュ, Ethernet、TCP/IP, FAT-FS、フレームバッファ、液晶出力、 JPEGデコーダ 他タイマ、 シリアルコンソール、 コンパクトフラッシュ、USBホスト(HID+MS)、 Ethernet、TCP/IP、 FAT-FS、フレームバッファ、画像入力、DVI出力、 Audio入出力、 JPEGエンコーダ/デコーダ、 H264デコーダ、OpenVG 他

※本サイトに掲載されている製品の価格および仕様は、製造・販売会社が何ら債務を被ることなく、
予告なしに変更されることがあります。商品名、会社名等は一般に各社の商標または登録商標です。

ページトップへ